いいんちょさんのありゃあブログ

85年生まれ、おうし座。今考えてることと、好きなこと、嫌いなことについて

【最終回から早1週間】『ダイアンのよなよな』好きだったところ100個挙げてみた

最終回からもう1週間。『ダイアンのよなよな…』が聴けない月曜夜10時が来てしまいました。 今回は「本当の親友は好きなところが100個言える!」というテーゼに乗っ取り、『ダイアンのよなよな…』の好きなところを可能な限り上げていきたいと思う。 【注意!! …

『世界で一番ゴッホを描いた男』 “職人”を“芸術家”に変えた「アウラ」の正体

世界で一番ゴッホを描いた男(字幕版) チャオ・シャオヨン Amazon 本作は、中国の深圳市近郊の「大芬(ダーフェン)油画村」という、複製画が世界的な産業になっている地が舞台。世界中からのオファーを受けて、画工と呼ばれる職人たちが、世界の名画をせっせ…

怖い! ダイアンのよなよなが終わってしまう! 危ない!

脳内再生! 読むラジオ ダイアンのよなよな… 作者:ダイアン,ABCラジオ 徳間書店 Amazon 表題のとおりなのだけど、毎週聴いていたABCラジオ『ダイアンのよなよな…』の最終回があと数時間で始まってしまう。 お笑い芸人のラジオというのは得てして聴取率の低迷…

ダウンタウン絶対王政下のナインティナインと『岸和田少年愚連隊』

ナインティナインの矢部浩之が、15日に放送された『あちこちオードリー』にゲスト出演していた。 毎回、ツボを突きまくる若林の質問力でゲストの本音を引き出しすぎるほど引き出すことに定評のあるこの番組だが、今回は特に『めちゃイケ』世代の視聴者にとっ…

SNSに書かされる

最近、下記のような騒動があった。 www.nikkansports.com この作家先生、ツイッターでフォローしていないのだが、毎日毎日誰かがリツイートやいいね!を押すもんだから、たびたび流れてくる。医師らしく内容は感染症に関しての専門的な知見であることも少な…

和牛がM-1を“完全卒業” 前人未到の“3年連続準優勝”というイカつい人生

和牛がM-1を完全に卒業してしまった。 「完全卒業」というのはなんともおかしな言葉で、実際には2年前の2019年大会後にラジオで「卒業」を宣言していた。 ただ、実際には結成15周年という有資格の期限、いわゆる「ラストイヤー」となる今年のエントリーの締…

なぜ幼児2人は死ななければならなかったか 『子宮に沈める』が想像を掻き立てる“余白”

子宮に沈める 伊澤恵美子 Amazon 2010年に大阪2児餓死事件という痛ましい事件が起きた。 大阪市のシングルマザーが、自宅マンションに3歳長女と1歳長男の2人を2ヵ月弱にわたり放置し、餓死させた事件だ。 本作『子宮に沈める』はこの事件を元にしているが、…

「威嚇したのはそっちでしょ!」松本人志×太田光 7年ぶり共演で見た「テレビの夢」

4時間半待っていた甲斐があったわ! という絡みだった。 松本人志がキャプテンを務めたフジテレビの歌と音楽を融合する大型特番『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』、28日の第一夜に、爆笑問題が大トリとして出演。爆笑問題と松本、実に7年ぶりの共…

大事なことだからネットには発信しません

どうして人はネットで炎上するのだろう。 こういう漠然とした問いを投げかけるときは大抵書く内容がはっきりとは決まっていないときがこの筆者の習性なので覚えておくようにという宇宙のチリほども役に立たないクソ知識から始まったこの記事なのだが、本当に…

DaiGo発言を叩くのは自分を守るため

news.yahoo.co.jp 5年ぐらい前に長谷川豊が透析患者への自己負担を要求して、「無理なら殺せ」と書いてキャリアを終わらせていた。定期的にこういう人が出てくるたびに、人権思想という発明のありがたみを感じる。というより、普段からぼくも彼も空気のよう…

オリンピック映画『ブロンズ!』が描く“人生のピーク”からの降り方

オリンピックというと、その結果にばかり注目が行きがちだ。メダリストかどうかは大違いで、金か銀か銅かでも人生が変わってくる。「参加することに意義がある」という建前はどこへやら。今やほとんどの人はその「結果」にだけ注目してしまっている。 しかし…

『竜とそばかすの姫』レビュー 説得力がない3つの理由

細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』を観てきた。 インターネット上の仮想空間<U>(ユー)で人々が自分の分身<As>(アズ)を操れるようになった世界を舞台で、“歌姫”Belleとして才能が開花させた田舎の女子高生・鈴。現実と<U>のギャップに戸惑い…

ありがとうズッコケ三人組

「お、札束くれんの?w」 たしかあれは、小一か小二の時の誕生日会だったと思う。 帰り際、友だちのオダ君がくれた包装されたプレゼントの形、大きさを見て、すぐに類推したのが札束だったという想像力は子どもとしてどうなんだとは思うが、もちろん包装紙を…

シラフの女に何もできない男たちと、“名無し"で忘れ去られる女たちについて 映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』

www.youtube.com シラフの女に何もできない惨めな男たち キャリー・マリガンが演じるのは、30歳のコーヒーショップ店員、キャシー。彼女はバーでぐでんぐでんになるまで酔い潰れ、案の定、鼻の下を伸ばした男が「介抱」の名目で近づいてくる。男が狙いどおり…

『100日間生きたワニ』ワニを生き返らせてまで作るべきだったか?

いろんな意味で盛り上がっているのか盛り上がっていないのか分からない、『100日間生きたワニ』を観てきた。 www.youtube.com 言わずと知れた『100日後に死ぬワニ』(以下『100ワニ』)を原作とする劇場アニメで、公開される前からネット上では嵐レビューや…

ほしかったものをゴミに変えていく人生

先月最終回を迎えたドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』で、松田龍平演じる八作がこういう言葉をとわ子(松たか子)にかけていた。 大豆田とわ子と三人の元夫 Blu-ray BOX 松たか子 Amazon 手に入ったものに自分を合わせるより、手に入らないものを眺めてい…

『オッドタクシー』にシビれた! それはアニメの限界ではなく可能性だった【ネタバレ】

いや~おもしろかった。 本作について何がすごいといっているのは、「形式そのものが内容だった」という点で、3行目で早くもネタバレすれば、「登場人物がみな動物だと思いきや、主人公・小戸川の認知障害だった」ということ。「動物がしゃべる設定」=形式…

「ゲームは年間4本」 必死にやりくりした記憶

人と話していて唐突に、「うちはゲームが年間4本だった」という強烈な思い出が蘇ってきたので、記しておきたい。 「年間4本」というのは、ぼくと3つ下の弟と2人合わせて計4本を買ってもらえる、ということだ。それぞれの誕生日プレゼントと、クリスマスプレ…

眠れない!辛い!超わかる!全人類共感型の恐怖のパニック映画が爆誕

フィクションでは空腹、喉の乾きといった「渇望」の表現は、今まで無数に描かれてきた。しかし、空腹や喉の乾きと同じぐらいぼくらの身の回りにあるにも関わらず、あまり深くは描かれてこなかった「渇望」のジャンルがある。それは「眠り」である。 本作『AW…

“上メセ”リベラリストが保守的な田舎にやって来た! 映画『ザ・プロム』が描く手厳しい視点

2016年の大統領選において、ヒラリーが“差別主義者”トランプに敗れたのは、アメリカのリベラル派にとってトラウマ的な事象だと思われるのだが、ネットフリックスで配信中のミュージカル映画『ザ・プロム』はその視点もきちんと取り入れているところが関心さ…

性教育はテキトーだけどセックスはしてOK 日本の中学生をめぐる大いなる矛盾

現行13歳となっている日本での性交同意年齢の引き上げをめぐる議論が、ネット上でホットになっている。 そもそもは、立憲民主党議員のおじさんが会議で「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら例え同意があっても捕まるというのはおかしい」と発言したことを…

ナイキ「女の子は何にでもなれる」動画が支持されない本当の理由

スポーツメーカーのナイキが公開した動画「New Girl | Play New」にネット上で賛否を分けている。 youtube 2分ほどの動画で、ざっと説明するとあらすじはこうだ。 生まれてくるわが子を心待ちにする夫婦。わが子は「女の子」だと判明する。ここで夫婦の脳裏…

他人の結婚を祝うことについて

今年の元日に放送されたNHKの特番で、星野源がこういうことを言っていた。 社会的なハッピーエンドとか、社会的な幸せっっていうものは本当にどうでもいいと思っていて。ハッピーエンドとか幸せって自分の中にしかないと思ってるんですよ。 例えば、結婚する…

“カオとカネの交換”とノーマネーノースキルの俺たちへの福音

将来東大卒医者の妻ゾ ってTikTokで彼女がイキっとるの見て今すぐ別れようと決意した 別人かもしれんて3度見してもうたわ スカッとジャパンな上記のようなツイートがバズっていた。東大医学部の5回生らしいが、現在、鍵垢になっている。 以前にも、このブロ…

【ネトフリ】VODで観られる19作! 今年のアカデミー賞候補作【アマプラ】

Netflix、Amazonプライム・ビデオのオリジナルもしくは独占配信作品19作をまとめてみた。 Netflix→【NF】 アマプラ→【AP】 ★印が評者のおすすめ度 太字が主要5部門 【あわせて読みたい】 【NF】シカゴ7裁判 ★★★★★ www.netflix.com 作品賞脚本賞助演男優賞撮…

今こそ観るべきSF短編映画『隔たる世界の2人』 「終わりなきループ」が意味するものとは?

いったい何度、同じ過ちが繰り返されるのだろう?――Netflixで今月から配信され、週明けに発表されるアカデミー賞にもノミネートされた映画『隔たる世界の2人』は、わずか30分強の内容にもかかわらず、その悲痛な問いが凝縮されている。 SFの人気ジャンル「ル…

ラジオ史的事件「オリラジがラジオで生喧嘩」14年の時を経て舞台裏が明かされる

毎週欠かさず聴いているABCラジオの番組『ダイアンのよなよな』2021年3月29日放送回で、歴史的事件の舞台裏が明かされていたので、半月が過ぎでしまったがここに書き留めておきたい。 「オリラジ生喧嘩事件」とは? 2007年8月のニッポン放送『オリエンタルラ…

「バスケ映画」に隠された重大なメッセージを見逃すな『ハイ・フライング・バード -目指せバスケの頂点-​​』

「バスケットボールの映画だと思ったらなんだか難しい映画で途中で投げ出した」みたいなレビューを、本作を観た後にネットで目にしてしまった。自分の興奮に冷水を浴びせられるような気になったのだが、もしやと思って見ていくと、そうした「難解」「何が起…

被害者と加害者の対話 あらわになる信教者の素顔と矛盾『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』

www.youtube.com 26年前、日本の中枢でオウム真理教が引き起こした国内初のバイオテロ、地下鉄サリン事件。本作は、この事件の被害者の1人で、猛毒サリンの後遺症に今も悩まされているさかはらあつし監督が、当時の教団幹部で後継団体の広報部長を務める荒木…

オスカー最有力『ノマドランド』 が俄然観たくなってくるジャオ監督の前作『ザ・ライダー』の衝撃

『ザ・ライダー』に衝撃を受け、がぜん『ノマドランド』に興味を持つ 今年のオスカーは『ミナリ』が『パラサイト 半地下の家族』に続いて獲るのではないかと囁かれている。しかし、ぼくの中では俄然、本邦で来週公開の『ノマドランド』への注目が高まってい…