いいんちょさんのありゃあブログ

85年生まれ、おうし座、直毛によるブログ。今ここに、ポスト宮根誠司を目指すことを誓います。

「地震なんてないよ」女から我々が学ぶべきこと

5日早朝の地震の際、NHKが表参道から中継した映像に映り込んだ女性が、話題になっていた。

NHK総合の地震速報時に映った女性が話題に 「地震なんかないよ!」 | ガジェット通信 GetNews
「お、ちょっと可愛いじゃん」という印象を残すこの女性が、翌6日にタレントと判明した。

NHK中継に映った「地震なんかないよ」の女性がタレントの東森美和さんであることが発覚 | ガジェット通信 GetNews

ネットで広がる「なんだタレントだったのかよ」というあのガッカリ感は、おそらく「可愛すぎる○○」シリーズの女子への感動とコインの裏表にあるだろう。
それはともかく、実際のところさして面白い動画でもなく、これ以上展開しようがない話なのだからここで終わっていたはずだった。が、昨日7日になって本人がブログで騒動に触れている。

今回5月5日早朝に起こった地震NHK地震速報の件で
大変お騒がせ致しまして申し訳ございません。
皆様に何点かお知らせがございます。
(後略)
5月5日早朝に起こった地震のNHK地震速報の件について|東森美和オフィシャルブログ「miwablo」Powered by Ameba

前記事の文末「( ̄▽ ̄)」からのこのやたら仰々しい文体のギャップがすごいが、動画の件を知らない限り何のことを誤っているのかわからないだろうし、騒動を知っていても何で謝っているのかさっぱりわからないだろう。要約すると、現在お騒がせ中の私です。ごめんなさい。Twitter、ブログ等で何か質問してくださいといっている。

中継に映り込んだ時点では、おそらく作為はなかっただろう。リーク元が彼女の関係者である可能性もあるが、このブログを公開した時点で彼女はこの話題を「利用する」という方向に大きく舵を切ったといってよいだろう。


おそらく多くの読者がこのブログを売名だととらえるはずだ。ぼくもそのことは否定しない。
けれどそれでも、どうしても嫌いになれないのは、この降って湧いたかすかなチャンスを是が非でもものにしてやろうという山師の情熱が、ブログから伝わってくるからだ。売名だろうがなんだろうが、いま自分にかつてないほどの注目が集まっているその事実一点に、彼女は集中している。


突如として自分の頭上に垂らされた、指の先に触れるか触れないかくらいの頼りない蜘蛛の糸を、なんとしてでも掴んで這い上がって行こうとする彼女の姿を、我々ははたして笑えるだろうか。
とかく我々は、自分のチャンスをふいにしがちである。チャンスに挑んで失敗するなら、まだわかる。問題は、チャンスを利用したこと、利用しようと思ったことを他の人に知られたくないがために、蜘蛛の糸に腕を伸ばすことすら自制し、チャンスをふいにしてしまっていることだ。
所詮、他人にどう思われたって一時のことなのだ。勝てば官軍の世の中で、チャンスに挑む姿を嘲笑う声は成功により一転、負け犬の遠吠えへと変わる。


ぼく自身は彼女をいっさい応援しない。ただの傍観者だ。
けれど、この勝ち目の薄いバクチに万が一、彼女が勝ったとき。彼女がこの騒動をきっかけにスターダムにのし上がったとき。そのとき、ぼくはこう声をかけてあげたい。
地震あってよかったね」と。