いいんちょさんのありゃあブログ

85年生まれ、おうし座、直毛によるブログ。今ここに、ポスト宮根誠司を目指すことを誓います。

今回も「SAY YES」できなかったマスコミさまの振る舞い


マスコミがASKA車を破壊 エンブレム折り踏みつけ : J-CASTニュース

28日夕方頃、都内の50代男性の自宅付近をカメラなどを持参した群衆が殺到。男性が外に出ようとガレージを開けたところ一部が敷地内に侵入し、男性の自家用車の一部を破損するなどの被害があった。警視庁は器物損壊、建造物侵入の疑いがあるとみて調べを進める。


という記事はどこを探してもないんですけど、これってそういう話ですよね。

エビちゃんのときも思いましたが、あいかわらず懲りないな、マスコミさまのゼブラタイムは続いているな、と思うわけです。厳密な話をすればこのときのASKAは逮捕される前だったかもしれませんし、そして逮捕されたからといって何をしてもいいわけでもありません。

思うのですが、こうした報道にこそ「記者クラブ」みたいものが必要なのではないでしょうか。こんなの代表でひとりが前に出てきて尋ねればいいだけでしょう。「射ってたんですか?」「キマってたんですか?」「SAY YES?」で済む話です。そこに記者が集まったところで何の益もありません。

「報道として写真が必要」という話ですが、左からみたASKAの顔だって右からみたASKAの顔だって同じASKAの顔なのです。そんなに何枚も必要でしょうか。

「結果的に何も起きなかったが逮捕時に何か起きるかもしれなかったから集まった」という話は薬物事犯であるだけにわからなくもないですが、そうであるならばなおさら、ベンツを壊すというその「何か」を自分たちで起こしているんじゃ世話ねーな、と思うわけでした。