いいんちょさんのありゃあブログ

85年生まれ、おうし座、直毛によるブログ。今ここに、ポスト宮根誠司を目指すことを誓います。

【モテ男子必見】嬉しくない女性の好意を圧倒的スピードで失う方法


拙ブログの男性読者諸君のことですから、毎日女性からのお誘いが引く手あまたでしょう。しかし、ときにはタイプでない女性からの粘り強いお誘いに困惑されることもあると思います。

今日はそういうときのために、相手の好意をあっという間に消失させることのできる「嘘」を提案します。あ、童貞の方はさっさとタブを閉じてください。

その嘘とは、単刀直入にいいますと、極度のロリコンを偽ることであります。あなたの実際の守備範囲が、広島カープセカンド菊池涼介なみに広くても、閉経後でもぜんぜんイケる自信があっても、ここは本心を隠し、おれはロリコンだと言い張るのです。

設定年齢は若ければ若いほうがいい。「ランドセル背負いたてぐらいがどストライク」なんていえば、効果てきめんです。

世間には様々な「女性のタイプ」があります。細身がいいだぽっちゃりがいいだ、はたまた髪はロングだとかショートだとか、さまざまなタイプがありますが、ロリコンほど、全方位的に女性をドン引きされる趣味もありません。

こんなことをいうと、実際のロリコンのみなさんはお怒りになるかもしれません。ロリコンだからといって犯罪者であるとは限りません。法秩序にのっとって趣味を楽しむ善良な市民が大多数でしょう。けれど、そうした現実とは別のところで、ほとんどの女性は「ロリコン」即「むりー」なのです。

理由のひとつにはもちろん、まだ未熟な対象に性的欲望を向けることへの生理的な嫌悪があるでしょう。

そしてもう一つは、われわれの生物的な原則にあります。21世紀現在のところ、われわれはどんなに頑張っても、若返ることはできないのです。成人女性にとって、意中の男性がロリコンであるということは、悲しいかな自分が刻一刻と相手のタイプから外れていくことを意味します。ロリコンへの嫌悪感は超克した女性であっても、その生物学的な現実を前にしては、あきらめざるを得ないのです。

それでなくても、男性読者のみなさまは体験したことないでしょうか? 自分よりちょっと年齢が若い娘と付き合うことになったとき、同世代の女友達から向けられる白い眼を。「やっぱこいつも若い女がいいのか」という、諦念とほのかな怒りを込められたあの視線を。

ロリコンだと言ったうえで、好きなタレントを聞かれたならば、ロリータ巨乳グラドルを答えるのが望ましい。現状は篠×愛が最適解です。ロリフェイスと豊満な肉体という、若さと生殖という男の欲望を体現したかのような彼女の名前を答えることで、あなたに夢中だった女性も、きっと潮が引くように離れていくことでしょう。


ぜひいちど、おためしください。